自分に合った学習法を見つけて専門の資格を取得する

注目を浴びている

試験に合格する事で取得出来る

衛生管理者とは、近年注目されている資格の一つです。 この資格はあまり認知度が高くありませんが、一定人数以上の事業所などには必ず配置しなければいけない資格として定められています。 法律上配置が義務づけられているのですが、現状では資格保持者が少なく配置が追いついていない状況です。 したがって、衛生管理者の有資格者は就職や転職の際にも有利に活動することが出来るでしょう。 衛生管理者は第一種と第二種があり、どちらも資格試験に合格する事で資格を取得できます。 試験は筆記試験のみで、合格率は第一種が50パーセント程度、第二種が60%程度となっています。しっかり学習すれば第二種の合格はそう難しくないため、まずは第二種から取得を目指す事がおすすめです。

様々な業種で活用出来る

衛生管理者は、職場の労働衛生、労働衛生管理業務を行います。 工場などで必要とされるというイメージがありますが、実際はオフィスワークの職場などでも必要とされる資格です。 業種などに関係なく、50名以上の従業員がいる事業所には配置が必要なため、多くの職場で必要とされる資格と言えるでしょう。 特に人事部や総務部の業務と併用しながら行う事が多く、会社によっては資格手当などを設けているところもあります。 したがって、人事部や総務部に属しているという人も、新たに試験を受け資格を取得する事で、昇級などのキャリアアップにつながる可能性もあるのです。 仕事をしながらでも取得が目指せる程度の難易度ですから、転職などを考えていなくとも資格取得を考慮するメリットはあるでしょう。

Copyright (c) 2015 自分に合った学習法を見つけて専門の資格を取得する all reserved.