自分に合った学習法を見つけて専門の資格を取得する

取得方法

保育士資格を取得するには・・・

以前は「保母」と呼ばれ女性メインの職業であったものが、現在は「保育士」といわれるようになり、男性の保育士も少しずつではありますが増えてきました。保育士資格を取得していると保育園や託児所での勤務はもちろんのこと、幼児教室やベビーシッターの派遣会社への登録などもできるようになります。 保育士資格を取得する方法は保育科のある学校で保育について学び、施設実習等を行い卒業と同時に取得する。もしくは国家試験を受験し取得する方法の2つがあります。 幼稚園教諭やベビーシッターの認定資格と混同される場合もありますが、保育士と幼稚園教諭は国家資格としてベビーシッターは民間の認定しかくとして、全く別の類ということを覚えておく必要があります。

保育士の資格の取得方法

子どもに関わる仕事の人気は近年、高まっています。そのような中、保育士資格の取得を目指す人が増えています。 保育士資格は保育士養成校を卒業して無試験で取得する方法と年に1回の国家試験に合格して取得する方法の2通りがあります。前者の方は学費や単位を取得するための時間がかかりますが、単位さえ取得できれば卒業と同時に無試験で資格を得ることができるというメリットがあります。後者は国家試験の合格率が高くないため合格するか不安ですが、試験対策用の問題集がたくさん市販されていますので、それで勉強し、不安を払拭することが可能です。しかもそれらの問題集は手頃な価格ですので、学費と比べると経済的な負担は軽くて済みます。また、学校に通う時間も不要なので、社会人として働いており、保育士が取得できたら転職したいと思う方にはお勧めです。 それぞれの方法にはメリット、デメリットがありますので、自分にあった保育士資格の取得方法を選ぶのが良いと思います。

Copyright (c) 2015 自分に合った学習法を見つけて専門の資格を取得する all reserved.