自分に合った学習法を見つけて専門の資格を取得する

一部のみ受講

行政書士を独学で取得する

行政書士とは、国家資格でほかの士業のように独占業務があり、役所へ提出する義務のある書類の作成代行や提出代行を行う法律の専門家です。 年に1回11月に試験があり、試験科目は、法令科目と一般知識から成り立っていて、1日しかも半日で試験は終わります。 憲法、民法、行政法などの法令科目を選択式と一部多肢選択式と記述式、一般知識は選択式です。 かつて法令科目は基本的な条文知識のほか知っているか否かが問われる知識問題が多く、比較的独学でも合格レベルに達することができましたが、最近の行政書士試験は法律の解釈や運用などより法律家になることに適しているかどうかが問われる試験になってきました。 独学で合格できる人もいますが、無駄な学習をしないよう注意が必要です。

プラスアルファとしての学習方法

難化傾向にある行政書士試験ですが、すべてを独学でこなすことが難しいと考えられる場合には、予備校に通わなくても一部の講座を受講することが考えられます。 全科目、全種類の講座を受けなくても不得意科目のみ、演習不足の場合は答案練習講座のみ、本番を意識した模擬試験の身など自分のニーズに合った講座の選択もできます。 また、最近ではメインとなる法令科目の講座を無料で配信している予備校があります。 テキストは購入する必要があり、演習講座は有料ですが、基礎講座の授業料は無料でインターネットで視聴します。 自分の都合のいい時間や場所で視聴ができ、1回の授業も数時間のものをいくつかに分けてあり、短い時間でも受講できるように工夫されています。 行政書士試験を独学で目指す人にとって、心強い味方となりそうです。

Copyright (c) 2015 自分に合った学習法を見つけて専門の資格を取得する all reserved.